モチハモチヤ

10/26 第61回 建築士会全国大会 さいたま大会(大宮ソニックシティ) に参加してきました。
翌日、東京オペラシティ アートギャラリー 「田根 剛  未来の記憶」 を見る。 写真は 2016年オープンの エストニア国立博物館。民族の歴史に繋がる場所として 旧軍用滑走路の一部であるような建築です。
工事中の斎場ですが、控室に面した小さな庭が出来ました。クライアントが知人である石材屋さんにお願いして創りました。古い水鉢・灯篭・飛び石、ウメモドキ、紅葉したドウダンツツジ。
やはり 餅は餅屋です。

 

本 質

9/16 リビングデザインセンターOZONEで、塚本由晴氏による「アアルト窓のふるまい学」を聞く。
窓を切り口にした アルヴァ・アアルト の作品解説でした。
その後、高校同級生の集まりで千葉県白井市へ
9/17 建築倉庫ミュージアムで 「建築」への眼差し を見る。
杉本博司 の サヴォア邸(建築家ル・コルビュジエ) です。
モダニズム建築を撮影 ぼやけた結果、 建築家が最初に構想したフォルムだけが残る。(現実に妥協した結果付けられたディテールや夾雑物が除かれている)・・・そうです。

工事中のセレモニーホール正面です。シンプルでエッジの効いたデザインになりました。

 

site

現在工事中の物件が1、間もなく着工する物件が3あります。
やはり、デザインした建物が徐々に出来上がっていくのはワクワクします。

写真時計回り(左上から)
セレモニーホールは、11月のオープンに向けて進んでいます。外部足場も取れ外観が現れてきました。
黒を基調とした落ち着いたデザインです。夕闇に映えるように照明も計画しました。

古い納屋を現地解体し、農業体験施設に再生する工事です。後で木を組み直せるように一つ一つ番号を振りながら解体しています。景観重点地区なので外観はそのままに、内部は耐震補強もかねて土間コンクリートのシンプルでモダンな空間を目指しています。

甲州市消防団の詰所です。先日施工業者も決まり間もなく着工です。周囲の公共施設に合わせて濃茶をベースにした外観になる予定です。

寺院のホールです。山門を入った左側がシキチです。背後の山を拝む開放的な建物です。

クライアント、施工業者と一緒に作っていく過程は大変ですが楽しいものです。

インド

伊東建築塾にて、2つの公開講座を聞きました。
諏訪市を拠点に活動する ReBuildingCenterJAPAN 東野唯史氏
古材のレスキューを通じて目指す未来  http://rebuildingcenter.jp

足利市を拠点に活動する ココ・ファーム・ワイナリー 池上知恵子氏
ワインづくり https://cocowine.com
ワインづくりを始めて間もない方から アドバイス を求められ  ワインを沢山飲むことです  。

蔦谷書店目当てで GINZA・SIX(デザイン:谷口吉生) に寄ってきました。
期待通り隙の無いディテールです。地上13階の屋上庭園では、木陰や水盤で涼む方々が。
ついでに、築地本願寺へ 古代インド仏教様式を模した本堂(設計:伊東忠太)。
仏教離れ・寺離れと言われていますが、本堂では多くの人たちが 僧侶の読経に聴き入っていました。

セレモニーホール新築工事は順調に鉄骨が建ち上がり、無事中間検査も終了。
施主に内装のイメージを的確に?伝えるため、1/50スケールの内観模型を製作。

セルビア

トップページに物件追加しました。 現在工事中1+もうすぐ着工2+現在設計中1 です。
東南ヨーロッパ、ワールドカップにも出場、セルビア共和国。
長男が大学の共同ワークショップで一週間ほど行っているらしい。送られて来た写真は セルビアの美術館。
3月程前にも、台中国家歌劇院(設計:伊東豊雄)を見てきたらしい。
とにかく出かけて色々見ること、引き出しを沢山作っておくことが大切だと感じます。
先日、天王洲アイル 建築倉庫 ル・コルビュジエ/チャンディガール展 を見てきました。
水辺の都市らしいボードウォーク ティーロータスエムとPIGMENT(設計:隈研吾) 建築模型工房
個性的な店舗や建築、回遊性、楽しい場所です。

だいたい

久しぶりの東京ドーム 巨人DeNA 今季導入のリクエストで判定が覆る。周囲の熱狂的なGファン、歓喜から溜息へ。公平・正確無比?世の中 ユルサや寛容さがなくなっていくような。
森美術館 建築の日本展 を見る。丹下健三自邸の1/3模型 木造モダニズム。 森タワー53階にある美術館なので鑑賞の合間に大都会を俯瞰する演出、見ごたえある美術館です。
神楽坂の 赤城神社・パークコート神楽坂(設計:隈研吾)に寄る。
マンションやカフェと一体に整備された都市のオアシス。


 

農泊

4月18日 セレモニーホールの地鎮祭が行われました。相談を受けてから2年半、敷地の選定から工事費検討を経て着工することができました。今秋の完成予定です。
また、現在 寺院ホールの設計がほぼ完了して施工予定業者に見積もりを依頼しています。背後の山に向かう変形寄棟屋根の建物です。
終焉・冥福・供養の場を設計する機会が重なり、自身の終活・終の棲家についても考えさせられます。
建築士会塩山支部で、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定された甲州市塩山 上条集落 を散策しました。甲州市教育委員会 文化財課担当者に案内をお願いし、有意義な見学会でした。今後は保存と共に、いかに地域活性化に生かしていけるか課題も多いようです。
先日、私の住む玉宮を含んだ塩山北地区活性化推進協議会が設立されました。農泊(農業体験を核とした民泊)による地域活性化が目的です。先の上条集落や 地域のワイナリーなども含め 農を中心とした活動を推進していきます。この事業に関連して 古民家を改修し体験施設として活用する設計を手掛けています。
4月末に建築士会の支部総会と 峡東建設事務所による講習会を開催しました。その中で、民泊・建物の用途変更についての話題もあり、今後申請手続きの面で(建築基準法等法令遵守は当然ですが)、古い建物の用途変更が検討し易くなるようです。背景には古
い住宅のストックが増え続けている状況も大きいです。
下段写真は、TOTO gallery間 ヴェネチアビエンナーレ国際建築展 en アートオブ・ネクサク。

水面

11月、設計事務所の集まりなどで、神戸・淡路島・徳島   そして 沖縄に行ってきました。
徳島市内の運河、鳴門海峡大橋・渦潮、淡路夢舞台の人工水面・瀬戸内海、国営沖縄記念公園。
恩納村 石畳の海岸では、小魚に気を取られ胸まで水没、水温は高くポケットのスマホもセーフ。
水面のある都市は楽しい。水面のある都市景観は美しい。
富山・盛岡・大阪・長崎・福岡・今治・函館・小樽・ボストン・パリ 水辺の都市はどこも記憶に残っています。
日常 近くに水面を感じられる街に住んでみたい。